就労支援A型、B型を辞めたいのに辞められない-狭い世界、上手に退職した方がいい

2020年3月16日

就労支援A型、B型を辞めたいなあ…でも、辞めたいっても止められそうだなあ。

上手に退職するには一体どうしたらいいんだろう…

 

そんなお悩みに対する記事です。

 

就労支援施設は、一般企業と違い障害者が働くことで助成金が入ります。

そのため、事業所としても本人が辞めたいですといったところで、じゃあ退職手続きしますね。とは中々上手くいかないことが多いのが事実となっています。

 

 

※記事の最下層に退職代行の話もしていますが、退職代行は、「お金がかかる」ため下記のような状態の際の最終手段だと思ってください

・辞める話をするだけで精神的な負担が強い

・威圧的に来られ、話し合いがまともにできない

・話を何度繰り返しても、退職の話に進めない

退職代行サービスのNEXT

 

TIPS:事業所がどれだけ障害者から助成金を受けているかの例です。

就労支援A型の例ですが、詳しい仕組みは以下の記事に。(読まなくても問題ありません)

本記事の内容

・就労支援事業所を「辞めたい」から退職までの流れ

・【後半戦】上手に退職した方がいい

・どうしても辞めさせてくれないなら退職代行を使う

 

就労支援を辞めたいのに辞められない-狭い世界、上手に退職した方がいい

就労支援事業所を「辞めたい」から退職までの流れ

 

 「辞めたい」と伝える

 

就労支援A型・B型問わず、事業所にはサービス管理責任者がいます。

まずはサービス管理責任者に「辞めたい」と伝えましょう。

先に相談支援専門員に伝えても、まずは事業所に伝えてください。といわれるのが目に見えています。

 

辞めたい。と伝えた場合、大半の事業所では、退職手続きにはならず、理由を聞かれ説得モードに入ると思われます。

 

 

 話に耳を傾ける

 

 

事業所の話にまずは耳を傾けましょう。

 

自分のための説得なのか、それとも事業所の利益のために在籍していてほしいのか。

見分けるポイントとしていくつか参考例を挙げておきます。

 

自分のための説得

・(A型の場合)有給を使ってとりあえず転職活動をしてみてはどうか

・休んでも大丈夫な日をいくつか提示するor休職を提示するので、ハローワークなりにいってみてはどうか

・今の勤務状況では他で働けるところはあまりないかもしれない

・他、自分の辞めたい理由を解決できそうな提案

 

事業所のための説得

・3年間はとりあえず働いた方がいい

・(辞めたい気持ちが)薬の関係かもしれないから、薬を強くするなり医者に相談してみては

・1ヵ月ぐらい働いてみてそれでも辞めたかったらまた教えてください

 

特に要注意なのが、3年間はとりあえず働いた方がいい。 です。

この言葉が出た場合はほぼ事業所のことしか考えてないのでそんな事業所は退職して正解かもしれません。

 

 

 辞めさせてくれないなら相談支援専門員を頼る

 

辞めたいといっても辞めさせてくれない場合、相談支援専門員を頼るとよいです。

相談支援専門員は、事業所を辞める、辞めないの点で利害関係にない ため、貴方にとって何が一番良いかを考えてくれます。

 

 

上手に退職したほうがいい

 喧嘩退職は絶対にNG!

 

辞めさせてくれないからといって下記のような対応をすると絶対にダメです。

・次の日から仕事に行かない

・事業所や他の利用者への不満をぶちまける

・感情的になって話をする

・勝手に他で就職を決めてくる

 

これらの行動をすると、次の職場へ行ったときに相談支援専門員や、事業所から悪評が伝えられるかもしれません。

一般的にそれらの物事を伝えることは本人の不利益にあたるため禁止されていますが、事実としては今現在も行われています。

特に就労支援は狭い業界なので、喧嘩退職だけは絶対に避けましょう。

 

 

 上手に退職するには

 

上手に退職するためには、下記の対応がベストです。

・不満、文句等の本音は言わない

・退職した後、どうしていくかの意思を伝える

・事業所からの助言にはしっかりと耳を傾ける

・最終的には「わかりました。ただ、もう決めたことなので」という雰囲気で終わりましょう

 

ここでほぼ9割5分の会社は退職手続きに入ると思います。しかし、ごく一部の事業所では何とか必死に説得してくる場合があります。

ここで、必死に説得してくる場合は、利益ばかり考えている事業所の可能性があるため要注意となります。

 

辞めさせてくれないなら退職代行を使う

 

 最終手段の退職代行

 

退職代行は、「お金がかかる」ため最終手段だと思ってください

・辞める話をするだけで精神的な負担が強い

・威圧的に来られ、話し合いがまともにできない

・話を何度繰り返しても、退職の話に進めない

 

…、そんな風に辛い状況下であれば、やむをえないかもしれません。

 

 退職代行のメリット・デメリット

 

退職代行は、「辞めたい」けど辞められない人のためのサービスです。

全て弁護士等の専門家が手続きを完了させるため、事業所とのやり取りは一切発生しません。

(事業所から電話等があっても一切出る必要無し)

 

デメリット

3万円程度の費用がかかる

 

メリット

弁護士が入るため、退職後の悪評等をある程度防げる

人との面談等のやり取りが一切必要無し

 

気持ち的なメリット

・精神的負担が抑えられること

・弁護士の介入により迂闊なことはできないと事業所に意識させること

・相談支援専門員にも、退職代行を使ってまで退職したかったとわかってもらえる

 

 退職代行の手続き

手続きは退職代行サービスのNEXTをクリックし、右上にある【電話で相談】か、【LINEで相談】をクリックして進めれば後は専門家が対応いたします。

 


 

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】
障がい者の就職を支援する就労移行支援事業所 Cocorport(旧社名:Melk)
就労移行支援事業所【ラルゴ高田馬場】
発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】
障がいのある方への就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】