就労支援A型でもらえる給与の平均は「月額7万円」です

2020年3月11日

就労支援A型に行くか悩んでいる人

就労支援A型にいくか悩むなぁ。支援のある所で働きたいけど、支援施設で十分な給与ってもらえるのかな?

一般企業の障害者雇用と違って待遇で不利な点はあるのかな?

 

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

・ 就労支援A型でもらえる給与の平均は「月額7万円」です

・ 【待遇】労働基準法に守られており、一般企業と変わりません

・ 障害者雇用の方が圧倒的に高い給与を得られます

・ 就労支援A型利用を”悩んでいる”なら就労支援A型に行くべきです

 

 

TIPS:記事元データについて

就労支援A型は厚生労働省より工賃実績という、給与支払い実績データを提出しなければいけない義務があり、限りなく正確なデータが公表されています。

それらのデータを根拠に、記載いたします。

 

 

就労支援A型でもらえる給与の平均は「月額7万円」です

 

  給与が”月額7万円”

厚生労働省が毎年”障害者雇用実態調査”にて、就労支援A型事業所から障害者へ支払った給与を報告させ、集計しています。

↓の画像が集計結果になります。

 

画像で分かる通り、就労支援A型の給与は、月額7万円前後の推移を辿っています。

 

 

  月額給与=”最低賃金×労働時間×労働日数”

月額給与は”最低賃金×労働時間×労働日数”で計算できます。

なぜなら、就労支援A型の殆どが最低賃金の求人であるためです。

 

計算が難しい場合は都道府県別賃金早見表を参考にしてください

 

賃金早見表 クリックで拡大

 

 

 

 

【待遇】労働基準法に守られており、一般企業と変わりません

  通常雇用と就労支援A型での雇用の待遇差

 

就労支援A型は通常雇用と待遇差はありません。

就労支援A型と障害者で雇用契約を結ぶため、労働基準法に守られます。

 

具体的には、

・最低賃金以上の給与支払い

・労災、雇用保険

・労働法上会社が守るべき遵守事項

等々、通常企業が守るべきものは就労支援A型でも同様です。

 

そうはいっても福祉サービスだから違うところがあるのではないか?と思いますよね。

就労支援A型と通常企業ではサービス面で差異はありますが、労働条件・待遇の差はありません。

個人情報の共有や、支援計画書の作成、人員配置で守られた支援体制で働く…等々、福祉サービスがあるという点が違いとなります。

 

TIPS:最低賃金の適用除外

就労支援A型事業所によっては、最低賃金の適用除外を組み入れているところもあります。

作業能力が他と比べて顕著に低いと認められた場合、最低賃金未満の時給で働く ことが可能となる制度です。

もし最低賃金の適用除外を受けたら、相談支援専門員に相談してみる と良いです。

 

障害者雇用の方が圧倒的に高い給与を得られます

 

  障害者雇用の給与は11万~25万 就労支援A型の給与は7万

 

まず、下記図を見てください。こちらは 厚生労働省 障害者白書 から抜粋したものです。

障害者雇用と就労支援A型の給与格差

 

障害者雇用の給与は精神、知的で月額12万前後、身体は月額25万にもなります。

対して、就労支援A型の給与は月額7万しか支払われていません。

 

 

  障害者雇用の方が月額給与が圧倒的に高い理由

 

障害者雇用の方が月額給与が圧倒的に高い理由は以下の2点です

・労働時間の長さ

・正社員率の差

 

 

 

・労働時間の長さ

就労支援A型は、制度の仕組み上殆どが週20時間以上~30時間未満の雇用となります。

対して障害者雇用では週30時間以上が多く、その分給与に反映されます。

 

・正社員率の差

就労支援A型で正社員として雇用されることはありません。

対して、障害者雇用では正社員で採用されることも珍しくなく、その分給与格差ができます。

 

 

 

就労支援A型利用を”悩んでいる”なら就労支援A型に行くべきです

 

もし、就労支援A型利用を”悩んでいる”のであれば、就労支援A型に行くべきです。

 

悩んでいるのであれば、就労支援A型に行くべき理由

 簡単に採用される

 とりあえず月7万~10万稼げる

 ”給料をもらいながら”障害者雇用を目指せる

 

 

詳しくはこちらの記事にて解説しています。

 

 

 

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】
障がい者の就職を支援する就労移行支援事業所 Cocorport(旧社名:Melk)
就労移行支援事業所【ラルゴ高田馬場】
発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】
障がいのある方への就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】