【Y.K著】就労移行支援事業所の選び方

著者:【y.k】

今回は、精神障害二級の私が就労移行支援事業所の選び方をご紹介します。

ちなみに、私は就労移行支援事業所を経て一般企業の障害者雇用枠で働いています。あくまで私の経験なので、お気軽にご参考にしてくださいね。

 

就労移行支援事業所の選び方

通える範囲かどうか 

就労移行支援事業に何を求めるか 

積極的に見学・体験に行こう 

最後に 

就労移行支援事業所の選び方

 

通える範囲かどうか

 就労移行支援事業所を選ぶ基準、いろいろ迷いますよね。

 どんな所が自分に合うのか、どんなプログラムであれば就職活動に活かせるのか、かなり迷われると思います。

 でも、まずは継続的に通うということを意識してみましょう。そうすると、少し選ぶ基準が見えてくると思います。

 継続的に通うのであれば、少しでも近い所が良いですか?それとも、通勤を意識して公共交通機関を使う所が良いですか?

 ちなみに、私は自宅から徒歩圏内の事業所にしました。少し体調が悪くても、継続的に通えるように意識したからです。

 

 

就労移行支援事業所に何を求めるか

 だいたいの就労移行支援事業所のエリアを絞ったら、次はどんな所が良いか考えます。

 ここが最も迷うし重要なポイントですね。

 どんなプログラムがあって、何が学べるのか、就職への強みは何なのか、これは事業所によって本当に様々です。

 パンフレットやホームページを見て、事業所それぞれの特色や強みを比べてみましょう。

 

就職経験のない方は、ビジネスマナーやPCスキルが学べるプログラムが充実している事業所が良いと思います。

就職経験者の方と比べて、どうしても弱くなってしまうのが上記の二点です。ここをプログラムで補っておけば、就職活動でも自信が持てますね。

 

就職経験のある方は、今度はどんな仕事に就きたいか考えてみましょう。そのうえで、何を学ぶべきか考えてみます。

私は、就労移行支援事業所で努力した成果として何か資格がとりたいと考えていました。それなので、あまりプログラム参加を強制されることなく自習もできる事業所を選びました。


積極的に見学・体験に行こう

 

 就労移行支援事業所のエリアと何を学びたいかを大まかに決めたら、積極的に見学や体験に行ってみましょう。

 百聞は一見にしかず。

 気になった事業所は、どんどん見学体験に参加してみましょう。

 

 ・通所するのにかかった時間は、どうでしたか?

 ・公共交通機関の混み具合は?

 ・事業所の設備はどうですか?人数の割に狭い等の不快な点は無いですか?

 ・スタッフさんは親切ですか?質問には、しっかり回答してくれますか?

 ・他の利用者さんの雰囲気はどうですか?馴染めそうですか?

 様々な視点で考えてみましょう。

 

 私は、同じ病状くらいの利用者さんが多いかをポイントに見てました。やはり、自分より状態が悪すぎる良すぎる方に囲まれていると居心地が良くないと感じたからです。

 他の利用者さんから受ける影響は良くも悪くも大きいと思います。

 事業所全体の雰囲気が合うかどうか肌で感じてみて考えるのが良いのではないでしょうか。

 

 

最後に

 就労移行支援事業所の選び方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 私自身は、少し体調が悪いときでも無理なく通える環境というのを目的に選んでいました。

 これから就労移行支援事業所に通おうと思っている方も、何を目的にするかを考えながら選ぶと良いかと思います。

 あとは、見学や体験などで雰囲気などを感じてみてください。

 良くも悪くも行ってみないと分からないことは多いと思います。

 

 ぜひ、ご自身に合う就労移行支援事業所を見つけて、就職に向けて頑張っていきましょう。

 

 

 前の記事(A型の選び方)でもあったけど、選ぶって適当じゃだめなんだね

 就労移行では最長2年間通うわけですから、通う場所の選定は失敗できませんね  

 見学を特に推奨されてるけど、やっぱりしなきゃだめなの?

大手であれば見学無しでもありかもしれません。中小にいくのであれば必須ですね

 行くかどうか決まってないのに見学って迷惑じゃない?

見学希望はうれしい申し込みですよ。そこにかかる人件費は微々たるものですから

 

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】
障がい者の就職を支援する就労移行支援事業所 Cocorport(旧社名:Melk)
就労移行支援事業所【ラルゴ高田馬場】
発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】
障がいのある方への就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】