就労継続支援A型で上手に働くために守るべきルール

2020年3月4日

 就労Aで働いているけど、なんかうまくいかない気がする…

 働くうえでどんなことを心がけていますか?      

 とりあえず目の前の仕事をこなしていけばいいと思っているよ!

目の前の仕事に集中することは、素晴らしい心がけですね! 

念のため働くときに守るべきルールを確認して、守れているか振り返ってみましょうか

 

就労継続支援A型で上手に働くために守るべきルール

 

大前提の心がけ:事業所と障害者本人で雇用契約を交わしている

就労継続支援A型事業所で働くということは、事業所と障害者で雇用契約を交わしています。

 

 私は、週に〇日、〇時~〇時の間働き、〇分休憩を取り、就業規則や社員規定に則り働きます。

 

 事業所は、労働基準法を守り、決められた賃金や手当を支払います。

 

と、契約を交わしています。

 

会社の指示に従い仕事を決められた日数、決められた時間行わなければいけません。

 

入社の時にあれ書いて、これ書いてと言われたから書きました!じゃ通用しませんので、雇用契約を交わしているということはきちんと理解しましょう。

 



 

ルール①:欠勤、遅刻、早退はどうしてものときのみ。連絡は必ず事前に行う

風邪をひいた。体調が悪く仕事が続けられない。体調不良で病院に行ってから出勤したい。

 

上記のようなどうしてもの場合は欠勤、遅刻、早退は問題ありません。

 

また、連絡手段の行い方によって事業所や一緒に働く人の印象が大きく変わるため、連絡手段には気を使いましょう。

 

 

欠勤・遅刻の連絡手順

タイミング:わかった時点ですぐ連絡(忘れないためにも!)

連絡方法: 20:00~7:00    メールにて連絡したのち、7:00になったら一度電話連絡

      7:00~出勤直前まで 電話にて連絡

※トラブルを避けるため、メールに返事がない場合は必ず電話すること

※欠勤・遅刻・早退が数日前にあらかじめわかっている場合は、電話はサービス提供時間内に行うとベストです!

 

 

早退の連絡手順

突如の体調不良:近くの指導員に体調不良であると伝え、指導員に事業所へ連絡してもらう

※直接事業所に電話するのではなく、指導員に必ず前もって伝えましょう!

 

 


 

ルール②:精神的不調の場合は、休みます!ではなく、事業所に相談の電話をする

精神的不調で休みを取りたい場合であっても、「休みます!」の連絡をいきなり行うのはよくありません。

 

事業所に、今こういう状態で休みたいのですが、よろしいでしょうか?と相談風に電話しましょう。

 

適切な対処を教えてもらえたり、いつもと違う仕事だけどできそうな仕事を回してくれたりの配慮をしてくれる場合や、

 

事情を聞いたうえで、休んだほうがいいね。となる場合等があります。

 

ただ「休みます!」と比べて非常に印象がよいため、相談の形式をとりましょう。

 

もしも、「朝は忙しいんだからそんな相談しないで休むか休まないかはっきりいって!」「精神的不調なんかで休むな!」と言ってくるところがあれば、そこは就労継続支援事業所ではないですね。

 

 

 

障がい者の就職を支援する就労移行支援事業所 Cocorport(旧社名:Melk)

ルール③:勤務時間中は仕事に集中する

 

仕事に集中するために我慢しなきゃいけないこと、やっておかなければいけないことは下記の3点です。

 

・私的に話したいことがあっても休憩時間まで我慢する

・トイレは休憩時間にすましておく

・思い出し笑いでニヤニヤしたり笑い声をあげたりしないように注意する

 

 

 

仕事の方法、装備を変えて防止すべきことは下記の2点です。

 

周りの物音が気になる

→イヤーマフ等、物音が聞こえないような装備を身に着ける

 

周りの人の動き等が気になる

→壁に向かって作業したり、下を向いて行える作業を回してもらう。ついたてを置いてもらう

 

ずっと同じ仕事じゃないと集中できないor仕事がずっと同じだと集中力が切れる

→支援者にそのむねを話し、仕事を回す際に配慮してもらう

 

これらのことは、事業所の仕事の性質上不可能でない限り、配慮事項として対応してもらえることです。

きちんと伝え、自分の集中できる環境づくりをしましょう。

 



 

 

ルール④:職場の人は友達じゃなくて同僚。距離感を持つ

仕事で長時間一緒に働いていると、ついつい仲良くなったと勘違いしてしまうことがあります。

 

仲良くなったと思って話をしていたら、実は相手は嫌な思いをしていた…等思わぬ所で痛い目を見ます。

 

職場の人とは、職場の同僚であるという意識で一定の距離間を持ちましょう。

 

具体的には下記の点で気を付けてください。

 

・年上、年下関係なく敬語を使う

・お願いしたいことや不満があっても、他の障害者に言わず指導員・支援員に伝える

・変な冗談は言わない。テンションが上がっていっぱい話をしてしまったら謝る

・バスでの移動等、団体行動の時は喋らない

・指導員に静かにするよう言われたら黄色信号(要注意)と思って静かにする

 

基本的に、他の人との距離感がわからなかったり、不安であれば私語は慎むのが現実的な解決策です。

 

仕事をしに来ているのであって、友達作りに来ているわけではありません。

 

 

【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援

 

 

ルール⑤:決められた仕事の手順を守る。わからないことは勝手にやらない

 

仕事の手順は、様々な経緯を経て現在の方法にいたっています。

 

自分はこのやり方がいい!と思っても、決められた手順を守りましょう。

 

基本的に仕事の手順は以下の点を考慮して最適化されています。

 

・効率性、安全性、作業者への負担、作業者に関わらず最低限の品質が提供できるか等

 

自分にはこれがいい!と思っても、自分なりのやり方をしていると、思わぬ物損、怪我等に繋がります。

 

仕事の指示は遵守しましょう。

 

また、わからないことがあったら必ず指導員に聞きましょう。

 

指導員は障害者に仕事を教えること、支援することが仕事なので、必ず教えてくれます。

 

わからないまま勝手に進めていると、その時は仮にうまくいったとしてもいつかは必ず失敗します。

 

ビジネスの場で、報告・連絡・相談が重要視されますが、それは就労継続支援A型事業所で働く場合でも同様です。

 

 

 

 

ルール⑥:配慮してほしいことは必ず伝える

雇用契約を交わす労働者であると同時に、障害者であり、就労継続支援A型に通所し支援を受ける人でもあります。

 

支援を受ける権利があります。配慮してもらいたい事項はきちんと伝えましょう。

 

TIPS:2019年より、就労パスポートができ、配慮事項はより伝えやすくなりました。

 

こういう作業は難しい、仕事の指示の際に早口で喋られると聞き取れない、数字を使って指示されると理解が難しい…等

 

指示を受けた際ににすぐに言えなくとも、困ったことは必ず指導員に伝えるようにしましょう。

 

ただし、事業所も対応できる事項、対応できない事項があるため、全てに配慮がもらえるわけではないことも理解しましょう。

 

 

 

 

番外編:おふざけ、いたずらは最悪クビ

特別支援学校等から初めて就職する人等は要注意

 

学校等のノリで、おふざけやいたずらをしていると最悪クビになります。

 

機械等を動かす工場では、労災の元となり、場合によっては大けが、死亡事故につながります。

 

商品出荷をしている所では、商品回収や失注となり、大きな金銭的損失を被ったり仕事を失う可能性まであります。

 

ちょっとした冗談だったのに…、ほんの出来心なのに…、となっていても、重大な労災や金銭的損失が起こってしまうと事業所も対処しなければなりません。

 

 

 守らなきゃいけないことがいっぱい…

     雇用契約を交わして働く、ということは大変なことですね   

 うーん、全部覚えきれないんだけどどうしたらいいかな?

指導員やサービス管理責任者を頼っていったらいいですね! 

月に2回振り返りの日があるはずなので、そこで自分の働きぶりを聞いてみましょう!