就労継続支援A型事業所で働く前に!事業所選びの確認ポイント

2020年3月4日

 就労Aにいこうと思うんだけど、どこがいいかわからないよ!

 就労Aは、ひょっとすると一生の職場かもしれないので慎重に選びましょうね

 選ぶって言っても何をどう見てどうすればいいか何もわからないよ!

では、就労Aを選ぶ際に必要なポイントを押さえておきましょう      

 

 

 

就労継続支援A型事業所で働く前に!事業所選びの確認ポイント


manja-vitolic-gKXKBY-C-Dk-unsplash.jpg

 

就労継続支援A型事業所をどこにするか決める。ということは、人生の分岐点ともなりうる、非常に重要な出来事です。働く場というだけではなく、支援を受ける場でもあるため、作業内容だけではなくそこで働く人間や企業についても調べておいて損はありません。

 

就労継続支援A型事業所を選ぶポイント

 

就労継続支援A型事業所=働く場+支援の場。という観点でいくと、一般的に就職する際に見るべきポイントにプラスして福祉的な視点でどんな支援が受けられるかを見ればはっきりします。

 

このページを一通り見れば、就労継続支援A型事業所選びを間違わないよう要所要所ポイントを押さえてあります。

 

 

 

 

障がいのある方への就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】 

 

 

相談支援専門員をつける(セルフプランは非推奨)


neonbrand-y_6rqStQBYQ-unsplash (1)

就労継続支援A型事業所に就職するには、相談支援専門員が必要となります。

 

 

相談支援専門員とは
障害のある人が自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう、障害福祉サービスなどの利用計画の作成や地域生活への移行・定着に向けた支援、住宅入居等支援事業や成年後見制度利用支援事業に関する支援など、障害のある人の全般的な相談支援を行う。 参考:WAMNETより

 

 

相談支援専門員は貴方の強力な味方です。障害者の人生がどうしたら幸せになるのか、よりよい人生を歩めるのか、障害者にどういった支援が必要なのか…等を考えることが仕事です。

 

セルフプランという、相談支援専門員を必要としないやり方もありますが、そこに自分のマンパワーを注ぐよりかは、専門家に任せて自分は自分のできることを行ったほうがよいです。

 

 

 

相談支援専門員をつけたい場合は以下に問い合わせます。

 

・市役所にある障害福祉課

 

・基幹相談支援センター

 

 

 

 

 

見学は必ず行う


austin-distel-mpN7xjKQ_Ns-unsplash (1)

 

就労継続支援A型事業所を利用する人の大半は一般でうまくいかなかったり、一般就労に結び付けることができなかった人です。いきなり面接して働く!ではなく、見学を必ず行いましょう。

 

見学を行いたい場合は次の方法があります。

 

 

・ハローワークへ行く

ハローワークに行き、目的の求人票を発行し、問い合わせ窓口で見学希望の旨を伝える

 

・相談支援専門員に相談する

相談支援専門員から、就労継続支援A型事業所に話をつけてくれる場合があります

 

・就労継続支援A型事業所に電話する

HP等にある電話番号から直接就労継続支援A型事業所にかけてみましょう

 

 

多くの就労継続支援A型事業所は、見学に応じてくれると思われます。もし見学に応じてくれない就労継続支援A型事業所があったとしたら、そこはやめておきましょう。おそらく忙しい等の理由でしょうが、とても支援をまともに受けられる事業所ではないです。

 

 

 

見学する際に見るべきポイント

 

見学をする際に見ておくべきポイントはいくつかあります。見学の機会をいただけた場合、必ずチェックしましょう

 

 

 

・挨拶の有無

 

見学の際に、働く人にあいさつをし、返ってくるかどうかを見ましょう。言語障害の方がおられる場合もあるため、声が出ているかなどではなく、挨拶の意思があるかどうか(会釈等でもするのかどうか)を見ましょう。

 

挨拶でさえ返ってこない職場であれば、そこで働くメリットは相当薄いでしょう。

 

 

 

 

・職場環境

 

就労継続支援A型事業所によくあるのですが、作業環境が非常に悪い場合があります。

 

食べこぼしが普通に落ちていたり、作業場全体に仕事内容とは関係のない変な匂いがしていることも珍しくありません。

 

トイレも、ウォシュレットがないどころか和式のみやカーテンで仕切られているだけのトイレ…等もあります。

 

最低限自分が働ける環境かどうか確認するとともに、清潔であるか、モノが多いとしても整理整頓されて整然とした状態であるかどうかを確認しましょう。

 

乱雑で、物が散らばっていて、汚いところではまともな支援を受けられるわけもありません。

 

 

 

 

・作業場の作業レベル・社会性レベル

 

ここは、非常にデリケートな部分ですが、最も大事であるため記載します。

残念ですが、就労継続支援A型事業所といいながら内容はB型レベルの事業所がいまでもあります。

 

働く人の作業レベル・社会性レベルを見て、自分が通うのに適正かどうか確認しましょう。

 

挨拶もしない、仕事に集中せず立ったり座ったりいったりきたり、道具や商品にいたずらをしている、周りの人にちょっかいばかりかけている、怒鳴り声が聞こえる、手が全く動いていない、寝ている…

 

上記は、就労継続支援A型事業所で働いている障害者の方で実在する例です。残念ながらまだまだこういった状況のところがあるのが現実です。

 

自分より明らかにレベルの低い事業所で働いても何のメリットも得られません。

 

 

 

 

 

見学で質問もしちゃおう!

 

見学を対応されるのは管理者やサービス管理責任者、現場の支援員である場合が多いです。

 

質問したいことは、なんでも聞いてみましょう。

 

・一般就労(障害者雇用)に結び付いている障害者の方はどれぐらいいるのか

 

・仕事以外にどんな余暇活動があるのか

 

・仕事の社会的意義はどういうものなのか(やりがいにつながる)

 

・働くときに頼れる人はいるのか

 

…等々、自分の目的がこの事業所で達成できるかどうか、を重点的に聞いてみましょう。

 

 

 

 

 

労働条件の確認


neonbrand--Cmz06-0btw-unsplash (1)

 

障害者雇用であっても、長く働くためには労働条件の合致が必須です。労働条件は以下のことを確認します。

 

 

・契約期間

障害者雇用では特定求職者雇用開発助成金の申請を行うケースが多く、期間の定めなし、もしくは期間の定めありでも契約は原則更新が鉄則です。もし違う場合は内容を確認しましょう。

 

 

・就業場所、業務内容

就労継続支援A型事業所の中には、契約に複数の就業場所や業務内容を書いてあるケースがあります。とりあえず書いてあるだけだよ。等といわれても、なぜ書いてあるのか等はしっかりと確認しましょう。問題行動を起こした際の部署異動等を想定しているのであればやむをえませんが、人手不足の場所に回す等であれば警戒する必要があります。

 

 

・賃金

就労継続支援A型事業所では交通費を払わないところも少なくありません。時給以外にどんな手当があるのかを確認しましょう。

 

・昇給の有無

2018年4月以降、賃金向上達成指導員配置加算ができたため、障害者のキャリアアップを事業所が行っている場合があります。絵に描いた餅のような事業所もあるため、「キャリアアップ等の昇給の仕組みがあるのか」「昇給実績はどうなのか」を確認しましょう。

※ハローワークのシステム変更に伴い、昇給実績を記載する必要ができたため、確認が容易になりました。

 

 

 

・残業、休日出勤

過度な残業をさせるということは基本的には警戒する必要がありませんが、適度な残業があるのかどうかは確認しましょう。また、休日にたとえ1時間だけ出勤しても助成金が入ってくるため、休日出勤があるかどうか、あるのであれば強制なのか任意なのかを確認しましょう。

 

・休日

有名なところでは、週休2日制(月に1回週2休みあればOK)と完全週休2日制(毎週2日休みがある)の違いや、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始、祝日等は会社によって差が大きいため確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

会社情報を収集する


sarah-kilian-52jRtc2S_VE-unsplash (1)

会社が安定的に存続していくかどうかは、働くうえで最も大切なことです。働く場を失うことは即座の退職を意味します。また、A型事業所は近年できたところが多く、事業基盤が安定していないことも珍しくありません。

 

インターネットが発達した現代では個人が企業情報を得るための手段としてネットでの情報収集は非常に有用です。

 

ネットでの情報収集は以下の手段があります。

 

・就労継続支援A型事業所のホームページ

 

・ブログ

 

・ツイッター、フェイスブック、インスタグラム等のSNS

 

・口コミ情報サイト

 

・WAMNET(障害福祉サービス情報公表システム)

 

 

口コミやSNSは当然のこと注意すべきですが、就労継続支援A型の概要として確認すべき点は以下のとおりです。

 

・グループ会社、親会社があるかどうか、あれば会社規模はどうか

 

・就労継続支援A型事業所の定員数や他にチェーン展開しているか

 

・従業員数は何人か

 

就労継続支援A型事業所のグループ会社にそれなりの規模の企業があればそこからの仕事を受注している可能性もあり、基盤が安定しているケースが多いです。また、複数のA型事業所をチェーン展開しているところはビジネスモデルが確立している場合があります(岡山のような事例もありますが…)、従業員数が2名、3名のところは出来立てで不安定な場合があります。

 

…等、様々な情報を得ることができます。

 

 

また、希望する就労継続支援A型事業所が決まったら相談支援専門員さんやハローワークの担当の方に相談をしてみましょう。自分に適しているかどうかもそうですが、悪評が立っているところや、潰れかけのところだった場合、違う道を示してくれる場合があります(立場的に直接そういったものいいはできないため、暗に言ってくると思います)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就労継続支援A型事業所選びが終わったら


laurentiu-iordache-AiXeylszBPA-unsplash.jpg

 

 相談支援専門員さんもつけたし、今度見学にもいってみることになったよ!

     よかったですね!見学でうまくいったら次は求人の応募ですね

     次では求人の応募や面接のやり方等を学びましょう!