一般就労と福祉的就労の違いやメリットデメリット

 

一般就労と福祉的就労の雇用の違い

一般就労の雇用

・障害者雇用

一般企業の障害者専用求人等で雇用されることを言います。

特例子会社での採用等もこれにあたります。

【障害者専用】と求人に書いてあることが多く、これらに応募すると障害者雇用となります。

 

・クローズ雇用

障害を企業に非開示した状態で、一般と変わらない状態で雇用されることを言います。

場合によっては担当者にのみ伝えることもありますが、企業での法定雇用率にカウントされません。

 

福祉的就労の雇用

・就労継続支援B型

雇用契約を交わさず働く場所で、工賃がもらえます。

 

・就労継続支援A型

雇用契約を交わして働く場所で、賃金がもらえます。

 

(地域活動支援センター、就労移行支援)

一部工賃をもらえる場所があります。

 

 

一般就労と福祉的就労の違い

 

一般就労は労働、福祉的就労は労働+サービス利用

 

 

一般就労と福祉的就労の違いは、サービス提供を受けるかどうかです。

・通常の労働だけなら一般就労

・サービス提供を受けながら労働するなら福祉的就労

 

サービス提供の内容

・継続して働くことができるような環境作りや、支援を行う

・一般就労に必要な能力を得るための訓練をする

 

具体的には、職場環境作り、相談援助、明確な指示の作成、送迎…等々様々なものがあります。

 

主に、就労支援施設や地域活動支援センターで働く障害者の方が福祉的就労を行っていると言われています。

 

違いを俗にまみれて説明

一般就労

・給料   そこそこ

・仕事   大変

・相談相手 自分で探す

・対人関係 しんどい

・リストラ あるかも

 

福祉的就労

・給料   安い

・仕事   楽かも

・相談相手 いる

・対人関係 比較的楽

・リストラ まずない

 

福祉的就労のメリット

 入社ハードルが低い

就労支援施設は、一般企業で雇用されること(一般就労)が困難な方を対象としているため、ハードルが低く設定されています。

 

・就労継続支援A型のハードル

雇用契約通りに出勤し、働ける

指示、命令を守って働ける

 

・就労継続支援B型のハードル

仕事を行う気持ちがある

指示、命令を守って働ける

 

 

 仕事内容が比較的容易

福祉的就労では、訓練を目的として働くため、仕事内容としては簡単なものが多いです。

特別な資格、スキル等を必要とするところは殆どなく、1から始めて仕事を覚えていって…といったイメージとなります。

 

 

こんな仕事はほとんどない

・過酷な環境下での重労働

・頭脳を極端に酷使しなければならない精密な仕事

・独創性が問われるクリエイティブな仕事

 

 

仕事内容は、システム化・単純化されている業務の一部分を担うことが多いです。

 

仕事内容も、個人個人に合わせて切り分けされていることも多く、自分ができる仕事から行えることも特徴です。

 

 

 ノルマ、圧力等が課せられにくい

通常の業務であれば、納期や採算性等の面から、明示されなくとも実質的なノルマ等が生じることがあります。

それに伴い、ノルマ達成のための圧力も並行して行われていきます。

 

福祉的就労では、個人個人での能力差が激しいことや、支援サービスの一環という名目もあり、ノルマが生じることは殆どありません。

多くの場合、支援員や指導員が終わらなかった業務を肩代わりします。

 

 

 支援を受けて働くことが出来る

福祉的就労の場では、「支援員」「指導員」といった、障害者を支援・指導する人員が必ず配置されます。

「支援員」「指導員」はサービス提供を受ける障害者が働けるように環境を作ったり、適切な指示を行ったり、仕事の最中に躓かないよう助言を行ったりします。

 

一般就労では担当者や上司等がつくことがありますが、担当者や上司の主な仕事は別にあります。

福祉的就労では支援員や指導員がつき、彼らの主な仕事は障害者の支援・指導となるため、担当者や上司と比較した場合、行動指針に顕著な差が出ます。

 

 

 自分の成長や目標達成を第一に働くことが出来る

以前、こんな記事を書きました

 

記事では、就労支援A型に限った記載をしていますが、基本的に就労支援A型でもB型でも、移行支援でも地域活動支援センターでも同じです。

福祉サービスを利用して働くことは、自分の成長や目標達成を第一として働くという意味を持ちます。

 

 

 仕事の調整がしやすい

福祉的就労は労働時間、業務内容の調整がしやすいです。

労働者であると同時にサービスを利用する人でもあります。

 

基本的に通常の企業で雇用されることが困難=何かしら困難を抱えている人が対象であり、事業所もそこを認識したうえで雇用しています。

そのため、利用者本位の考えをある程度持っています。

 

・「君がやらなかったら誰がやるんだ!」

・「嫌な事をやるのが仕事だ!」

・「この仕事は今日中に終わらせないと困る!」

・「体調不良で早退なんて言語道断だ!」

 

上記のようなことは、基本的にはありません。

※例外として、個別支援計画書の目標に「毎日最後まで働く」「多少嫌なことでも我慢して働く」等がある場合、本人のために労働を促すことはありえます。

 

 

 通う場として

特にB型や地域活動支援センターにこの側面が強いのですが、日中活動の場として活用することができます。

 

日中活動として、働く。ただし、一般就労ではストレス負荷が強く長続きしないため福祉的就労を行う。

 

この場合障害者は一般就労を目標とはしませんが、就労継続支援は「働く場の提供」も目的であるため、成り立ちます。

 

福祉的就労のデメリット

 給料が安い(非正規)

年収差

 

就労支援A型

殆どが最低賃金に近い時給で働くパート雇用です。

 

就労支援B型

雇用契約を交わさないため、最低賃金未満で働きます。

時給100円、200円のところが普通に多くあります。

 

就労移行支援、地域活動支援センター

就労支援B型よりも低いことが多いです。殆ど工賃は充てになりません。

 

 

 長く働いても昇給・昇格等は殆どない

福祉的就労は、一般就労の為の訓練施設であるため、福祉的就労の現場で長く働いても待遇は変わりません。

昇給や昇格は殆どないと考えてよいです。

 

福祉的就労の性質上、正社員雇用になったり、数万円単位の職務手当がつく役職者になったりすることはありえません。

 

長く働くことで待遇の向上を狙う場合は、一般就労しましょう。

 

 

 障害者の集団で働くことが多い

福祉施設に通所する方は障害者が殆どです。

10人で働く場合、2人が支援員、8人が障害者。ぐらいの感覚です。

 

障害者と一緒に働くのは嫌だ!と思う場合は、福祉的就労は避けたほうがよいでしょう。

 

障害者1と指導員1で働く現場の募集等もありますが、もしそこの現場が失注した場合、複数の障害者と共に働く選択肢をとらざるを得ない場合があります。

 

 

 飼い殺しリスク

※就労移行支援や地域活動支援センターは除きます

就労継続支援系では、一般就労が0人でも成り立つほどの助成金が振り込まれます。

 

一般就労をすると翌年度に助成金が入りますが、在籍していれば永遠に助成金が入ります。

 

優秀な人材であればあるほど、仕事をこなしてもらいながら長く働いてもらえば事業所が潤います。

 

そのため、一般就労でより良い待遇で働く能力があるにも関わらず一般就労を促されず、福祉的就労で働き続ける…といった飼い殺し現象が起きてしまいます。

 

 

福祉的就労で働くには

 

・ハローワーク

・障害者職業センター

・障害者就業生活センター

 

上記の施設が、相談に乗ってくれます。

とりあえず、悩んでいるならまずはハローワークにいってみるとよいです。