就職前に要注意!経営改善が必要な就労継続支援A型事業所の特徴

2020年3月4日

 う~ん…この会社が大丈夫かわからないなあ

 経営が傾いていそうなら、撤退するのも一つの手ですね 

 何を見たら経営が大丈夫かもわからないよ!

ズバッと分けるなら業務内容。細かく見たいなら賃金支払いを見るとよいです

 

就職前に要注意!経営改善が必要な就労継続支援A型事業所の特徴


kasou.jpg
 

障害者の方が、就労継続支援A型事業所に通所する際、まずそのA型事業所が健全な経営をしている事業所であるかどうかを見極めるステップを踏むと非常に良いです。

健全な経営をしているところは、今後比較的長続きしますし、不健全な助成金目当ての運営をしているところはどこかで破綻します。

 

 

就労継続支援A型事業所の経営改善の指す意味

 

ここでいう経営改善とは、【経営改善計画書】のことを指します。

 

一般的な損益が赤の事業所=経営改善という意味とは若干違い、黒字の事業所であっても経営改善が必要な場合があります。

 

また、経営改善が必要=悪ではないことも事前にわかっていただけると幸いです。

 

 

経営改善の必要性

 

経緯等は矛盾を抱え続ける就労継続支援A型…その①悪徳A型が儲かるカラクリにて記載しましたが

 

就労継続支援A型事業所では、利用者への賃金を外部からの売上から業務経費を差し引いたもので賄わなければいけません。(売上ー支出≧賃金)

 

それが、達成できていない(売上ー支出<賃金)の状態の事業所に対して、達成させるよう指導されているものです。

 

 

 

経営改善中だとどういったことがあるの?

 

通所している利用者さんに直接影響が想定されるのは以下のような出来事です

 

 

・製品の生産性向上

 

・新規事業の立ち上げ

 

・既存の事業の縮小

 

・コストカット

 

・事業所の廃止

 

 

 

・製品の生産性向上
製品の増産体制に入ります。ここで要注意なのが、生産物の利益率が低い場合、人員増や残業はせずに、同時間、同人数で増産を目指す場合もあり得ます。
その際、機械の導入等の目新しいやり方もあれば、有給の休憩があれば廃止したり、業務開始の5分前までに到着しましょう等の、利用者にとって不利な改正の可能性もあります。
・新規事業の立ち上げ
 
新しい高採算部門を立ち上げます。うまくいった場合、安定した基盤として事業所の柱となり、より良い事業所となっていきます。頓挫した場合は、次の新しい事業…次の新しい事業…と柱が立つまで繰り返すこととなり、働く人への負担増となります。
 
・既存の事業の縮小
不採算部門の撤退もしくは縮小を行います。例えば自分が清掃が好きで清掃をしに入っていたとしても事業が縮小してしまうと他部門へ割り当てられるリスクがあります。
 
 
・事業所の廃止

 

経営改善が実施するのが難しいと事業所が感じ、最悪の場合、事業所自体が倒れる可能性があります。

 

 

障がいのある方への就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】 

 

 

 

経営改善が必要な就労継続支援A型事業所の特徴

 

通所しようと思っている就労継続支援A型事業所のHPを確認

 

事業所によっては、HPにて収支決算等を公開しているところもあります。

 

トーコロ青葉ワークセンター あなたの働きたいを応援します

 

 

 

行政が工賃実績一覧を公開しているところもある

 

就労継続支援A型事業所では、行政から毎年工賃実績報告書を依頼されます。そして、それらを取りまとめたものが公開されている都道府県もあります。

 

以下の画像は和歌山県のH29年工賃実績の一部です。

 

h29koutin_page-0001.jpg

この表を見ると、平均賃金額がわかります。

 

1日4時間×週5日間×4週×最低賃金H28和歌山県は753円=月額60,240円

 

欠勤や早退等でぶれ幅はあるでしょうが、それらと見比べて十分な賃金を支払っているかどうかを見極めるのも手だと思います。

但し、個人的な意見としては、工賃実績をきちんと悪い面も含めて公開している企業は、それはそれで誠実な面もあるのかなと思ってしまいます。

 

 

 

 

業務内容から見極める就労継続支援A型事業所の良し悪し

 

就労継続支援A型事業所を見極める際に、業務内容は非常にわかりやすいポイントとなります。

 

 

ほぼアウト

ブログ記事作成 ライター SNS更新 

 

売上が殆どない、助成金目当てのケースが殆ど

 

 

 

危険度 大

タオル折り、はしの袋詰め等の内職系

アクセサリー作り、手工芸品作成

 

売上もほとんどなく、最低賃金以上の売り上げは見込めない

 

 

 

危険度 中

PC作業、軽作業、部品組み立て、封入封緘

 

仕事の内容がぼんやり曖昧な状態の紹介は内容が無い場合もあり、危険度があるが、

業務内容によっては十分な売上を確保しているケースもある

 

 

 

危険度 小

パン製造販売、飲食、食品加工製造、部品製造、清掃

 

売上次第では最低賃金の適用除外等もあるが、そこそこの売上が見込める

 

 

 

危険度 ほぼ0

親会社からの請負業務、ホテル清掃、ベッドメイキング、農業

 

親会社からの業務請負は非常に強いです。また、ホテル清掃、ベッドメイキング、農業等も、大きな売上を上げているケースが多いです。

十分な作業能力さえあれば最低賃金分以上の売上が見込めます。

 

 

番外編 : PCイラスト作成、HP作成、プログラミング等の教育を兼ねたA型

 

生産活動をしていない場合もあるが、次へつなげるステップアップの場と考えると悪くないです

(賃金ももらえる教育の場として考える)

 


 

 

 

 

 

就労継続支援A型事業所では最悪3年後に退職させられるケースも…


21.jpg

 

特定求職諸雇用開発助成金のところで詳細を触れますが、悪質な助成金目的のA型事業所に所属してしまうと、最悪3年後に色々な理由をつけて自主退職を迫られる可能性もあります。

 

2020年1月現在、そういった事業所は殆どなくなりましたが、根絶したとはいいがたい為、注意が必要です。

 

 

 

 

最後に

 

経営改善が必要=悪い事業所ではなく、経営改善を立派に完遂し、業績向上、利用者賃金の向上まで行ったところもあります。

就労継続支援A型事業所を決める際は、支援の内容や事業規模、業務内容等をきちんと精査していくことが必要だと思われます。(わからなければハローワークや相談員さんに相談するのも手だと思います)

 

合わせてこちらも