好事例集から見る 経営がうまくいっている就労継続支援A型事業所

2020年3月4日

好事例集から見る 経営がうまくいっている就労継続支援A型事業所

 

まず、こちらの表を見て頂きたいです。

厚生労働省より発表された、H29年の経営改善計画好事例集より
就労継続支援A型の事業内容、各収支を整理し、売上比率毎にまとめました。
Agata 事業一rな

 

この表は、上が優良でしたにいくにつれ経営状態が悪くなるという指標ではなく、

ここに出ている企業は全て売上ー支出≧利用者賃金をクリアしている優良企業です。

 

弁当が圧倒的に多く、次いでパン、カフェ…と、食品製造関係が非常に多く見られます。

 

 

 

…と書いてて気づいたけど、ハイムあけぼのとブルースカイ全く同じ数字でH28年の実績も全く同じ…。これはミス??

 

 

 

 

 

 

厚生労働省の経営改善好事例集には、改善した企業の印象としてこう綴られています。

 

 
「熱量」が高い人・事業所が
成果を挙げている
 
●事業所全体が同じ方向を向いていること
●経営者としての質が高い (商売)
●支援者の 「熱量」 が高い
→自分達で考えた就労継続支援 A 型の役割が共有化されていること
→収益を上げる、 事業を引っ張っていく 「情熱」 が強い
→営業も支援も本気で取り組まれている
 個別支援と経営は対立概念ではなく 「両輪」 であることを改めて感じました

 

 

 

特に

 

「営業も支援も本気で取り組まれている」

 

この言葉が経営改善のキーワードになります。

 

支援の実態は外部からは中々見えてこない部分があるため、判断しかねますが、

 

営業が上手な就労継続支援A型事業所が非常に採算が取れている傾向にあります。

 

例えば弁当屋等では、太客をつかむ営業、もしくは配送ルートに応じた効率的な営業を行っているところ等・・・営業力って大事。

 

 

 

飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ 

 

就労継続支援A型が経営改善を行えた要因


313131313131.jpg
・コストカット
 
・値上げ、高価格帯に路線変更
 
・販路拡大
 
・増産、生産性向上
 
・新規事業(移動販売、新規商品開発)
ざっと好事例集を見たところ、上記5点の要因が殆どを占めていました。
その中でもいいな。と思ったところを紹介します。

 

 

 

 

 

NPO法人「にこ」(厚生労働省HPより)

自主製品の絞り込み・撤退と高単価委託業務の獲得
主な業務:食品製造、請負作業
利用者数の減少に伴って、 工芸品や食品製造の生産量が減少し、 売上が落ち込んだため、手芸製品を縮小させ、 より高単価となる食品の自主製造にシフトを図った。
 
 ホルモン味噌煮込みの商品化は、 事業所が建つ土地のオーナーに、ホルモン味噌煮込みを食べさせてもらった理事長が、あまりの美味しさから、 自事業所の自主製品として製造をしたいと考えたことがきっかけである。
・事業縮小の決断
 
・高単価業務への推移
 
が非常にビジネスライクで強いな。と感じます。
 

 

 

 

 

また、メッセージより
(一般企業との取引が成長の引き金になる) 
 
一般企業が持つ技術や商品力、企業間ネットワークやその拡げかた、営業のノウハウ等、様々なことが私たち福祉事業所にとっても必要なことですが、 実際には大変苦手な分野でもあります。
 
それぞれ一朝一夕で自事業所に取り入れることは困難ですが、 一般企業とビジネスパートナーとして取引を させていただくことで、 それがきっかけとなって事業所は様々な成長の機会を得られるのではないかと考えて います。
 
いつどんな顧客と会っても恥ずかしくないように常に身なりを整えておく、 そんな当たり前だと思え ることも、 企業間取引がきっかけとなって初めて徹底されていくものです。
 
障害者福祉の目線だけに偏ることなく、 「福祉だから◯◯」 という言い訳に逃げない、 強いビジネスマインド を持ちながら、商売を続け、 利用者の能力を向上させることが、 就労継続支援A 型事業所として有り続けるポイントだと思 います。

 

 
福祉だからに逃げず、一般企業と正当な対価を頂いて取引を行う。その結果、自分自身への成長につながる。厳しい環境下で働くことも大事だと考えさせられます。
 
とかく福祉は過保護にはこの中に入れてしまいがちな傾向があるため、こういった事業所があることも非常に良いのではないかなと思います。

続きはこちら

 

ちなみに、にこではH28年からH29年にかけて売上1.5倍となっており、事業の強さがわかります。

と、ここまで記載しましたが、就労継続支援A型といっても事業は一般に非常に近い為、
「売上を最大に、経費を最小に」
等の、経営的考えを上層部が持ち、目指すことで最低賃金を達成できるようになっていくのではないでしょうか。