就労支援A型は自分のために働く場所です

就労継続支援A型は、障害者が 【”働く” + ”福祉サービスを受ける”】 施設です。

 

障害者専用求人という括りでは障害者雇用と同じですが、実情は大きく違います。

 

今回は就労支援A型と障害者雇用を比較し、仕事内容・意義の違いを解説していきます。

 

就労支援A型は自分のために働く場所です

障害者雇用と就労支援A型の違い

障害者雇用と就労支援A型の差
  障害者雇用 就労支援A型
職業指導員
働く目的 会社のため 自分のため
仕事内容 高利益業務

切り出し

低利益業務

 

就労支援には職業指導員がいる

 

就労支援A型では、職業指導員が各現場に最低1名以上配置されます。

 

1人では困難な仕事も、職業指導員の助けを借りてこなしていくことができます。

 

 

TIPS:職業指導員とは

就労支援A型における職業指導員とは、仕事を通して職業上必要とされる様々なスキルの向上、社会性の獲得等、

一般就労もしくは職場定着へ向けて訓練するのを支援する方のことを言います。

 

 

 

 職業指導員がいることのメリット

 ”気にかけてくれる人”となる

 職業指導員=担当者となるため、不明点等を誰に聞けばいいか明確となる

 利用者間のやりとりの仲裁をしてくれる

 

 

就労支援で働く目的は自分のため

 

・就労支援で働く最大の目的は、個別支援計画の目標達成です。

 

・障害者雇用で働く最大の目的は、会社への利益貢献です。

 

 

就労支援では、通所する中で個別支援計画の目標達成を最大の目的とします。

 

周りの指導員や支援員、サービス管理責任者等は貴方の目標達成のために考え、指導します。

(もちろん仕事の完遂等の指示もありますが)

 

 

障害者雇用では、障害者専用の雇用枠で採用されるのみで、通常の雇用との目的の差はありません。

 

 

 

就労支援の仕事内容と伸びしろ

 

TIPS:就労支援A型の仕事内容(例)

 内職・部品組み立て

 カフェ・飲食

 清掃・ベッドメイキング・介護周辺雑務

 HP制作、ライティング

 

・障害者雇用では、能力向上が認められれば難しい仕事内容にも進んでいける。

 

・就労支援では、能力向上が難しくとも安定した仕事内容で働ける。

 

 

 

高利益業務の切り出しの特徴

・自分の能力が伸び、発展していくと昇給や待遇向上に繋がりやすい(伸びしろがある)

・技術を獲得しやすい

・仕事のうち一部の受託なため、人事異動や機械化、システム化に伴い仕事を失うリスクが高い

 

低利益業務の特徴

・仕事を失うリスクが低い

・作業部署変更、仕事内容変更があっても、肉体、精神への負担が低い

・どの仕事も低利益業務なため、伸びしろが少ない

 

 

 

まとめ:障害者雇用は”労働” 就労支援は”訓練”

 

・障害者雇用は労働

利益貢献を目的として行動し、自力で頑張らなきゃいけないシーンも多くあります。

仕事内容は最初は切り出したものを割り振ってくれてますが、ずっと成長しないままでいると首を切られるリスクもあります。

 

・就労支援は訓練

支援計画の目標達成を目的として行動し、支援を受けながら働きます。

仕事内容全般で専門的技術等を必要としないものが多いですが、伸びしろは少ないです。